ヨーロッパ旅行2004
旅行概要

2004年の夏は北欧とスイスを訪問しました。今年はSARS騒動も一息つき海外への渡航も昨年のようなことはありませんでした。その結果ではありませんが欲張ってしまい、多くの国を短期間でまわることになりました。
旅行は同行者の行いが良かったためか、天気にも恵まれ一昨年のリベンジもでき楽しい思い出を作ることができました。

月日 訪問国 旅行日程
7/16 1日目 スウェーデン 今年も11:35全日空(NH209便)でフランクフルトへ出発。16:35(現地時間)フランクフルト到着。18:25(現地時間)フランクフルト発のスカンジナビア航空のSK638便で20:30(現地時間)にストックホルムに到着。空港よりアーランダ急行でストックホルムに向かい、中央駅近くのRadisson SAS Royal Viking Hotelに宿泊、珍しくハプニングもなく1日目を終了しました。
7/17 2日目 スウェーデン

デンマーク
朝食後、ストックホルムカードを購入するため中央駅のインフォメーションを訪問。現地通貨交換にちょっとしたハプニングがあったが気にせず本日の行動を開始。地下鉄を利用し郊外のブロマプランまで行きドロットニングホルム宮殿を訪問。宮殿は湖の畔にあり現在は王室の住まいになっていたが、多くの居室や調度品が飾られていた。お昼までに市内に戻りノーベル賞の晩餐会が開かれる市庁舎を見学した。昼食後ガラムスタン島の大聖堂や王宮を見学し、ストックホルムを後にした
16:20発のスカンジナビア航空のSK419便で17:30(現地時間)にコペンハーゲンに移動した。ホテルSofitel Copenhagen Plazaにチェックイン後、コペンハーゲンカードを購入バスでカステレットの先にある人魚の像を見に出かけた。その後、アメリエンボー宮殿を見ながら南下し、ニューハウンで夕食を採った夕食後市内の夜景を見ながらコペンハーゲン中央駅近くのホテルに戻った
7/18 3日目 デンマーク

ノルウェー
国電を利用し郊外のフレデリクスボー城を目指した。バスを利用するつもりだったが、時間が合わず徒歩で移動を試みたが、方向を間違えてしまった。幸い親切な地元の少年が道を教えてくれ事なきを得、ほどなく到着することができた。近代までの多くの調度品が飾られており、城の姿とともに優雅さを感じることができた。市内に戻り昼食ランドタワーに登り近郊を一望した。15:00(現地時間)からのクリスチャンスボー城見学にあわせ場所を移動した。クリスチャンボー城は規制が厳しく、写真を撮ることもできず残念だった。
その後、空港から18:10(現地時間)発のスカンジナビア航空SK870便でノルウエーのベルゲンに移動しました。今回もやっぱりトラブルがあり、友人と私の荷物が届いていないことがわかりました。おかげで時間が遅くなり両替もできず、市内までのバスに乗ることもできない状況だったが、友人の交渉でユーロを支払い利用することができ無事ホテルに向かうことができました。
その後、夕食をとりに街を散策しましたが、さすがに北の地、夜10:00(現地時間)過ぎまで明るくちょっとした観光を楽しむことができました。
7/19 4日目 ノルウェー 今日はフィヨルドツアーに参加。8:40(現地時間)発の鉄道に乗りヴォスに移動し、そこからバスでフィヨルド観光の港町グドヴァンゲンに向かう。途中スタルハイム付近では渓谷美を楽しんだ。グドヴァンゲンからは船でアラウンフィヨルドを観光2時間程でフロムに到着した。グドヴァンゲン出発時は曇っていた空も次第に晴れ上がり楽しみが増していった。フロムで昼食を取った後、ノルウェーが誇る観光路線のフロム線に乗り全長20km標高差867mを1時間程かけて進行した。途中には落差93mのショッスフォッセン滝があり、迫力ある景色と以外なショーを見せてくれる。終点ミュルダールからは国鉄に乗り夕方18:00前にベルゲンに戻った。ブリッゲンを散策し待望のレストランで夕食後、まだまだ明るいベルゲンの街を一望できるフロイエン山に登りベルゲンの眺望を堪能。夜景を見ることはできなかったが、満足いくものだった。
7/20 5日目 スイス この日は大移動の日でした。
6:10発のスカンジナビア航空SK861便でコペンハーゲンに飛び、そこからスカンジナビア航空SK601便でスイス・チューリッヒに向かった。チューリッヒからは鉄道に乗り換え、今日の目的地ツェルマットを目指し、数本の列車を乗り継いだ。途中アンデルマットでは昼食を取りながら、山をループしながら降りてくる氷河急行の雄壮を見ることができた。アンデルマットからは氷河急行に乗り、ツェルマットを目指しました。ツェルマットが近づくに従い天気が悪くなり雨が降り出したが、ツェルマット到着時には雨もあがり、マッターホルンが顔を見せてくれた。ホテルに着くと早速ツェルマット市街を散策し街の様子を楽しみました。夕食はホテルのレストランでエレクトーンの音楽とマッターホルンの風景を楽しみながら舌鼓を打ちました。
7/21 6日目 スイス この日は2002年7月17日のリベンジでした。
ホテルで朝食後、登山電車でゴルナーグラートへ快晴のもとゴルナーグラートが近づくと、マッターホルンだけでなく、ブライトホルンやモンテローザなどの山々が白く雪化粧した姿を見せてくれる到着するとゴルナー氷河からマッターホルンまでの絶景を見ることができた。時間を忘れシャッターを押し続けてしまいましたリフェルゼーからマッターホルンを見た後、ツェルマットに戻りロープウェイでクライン・マッターホルンへ途中ゴルナーグラートやウンター・テオドール氷河をきれいに見ることができました。しかし、頂上からはマッターホルンは雲に覆われて見ることはできませんでした再びツェルマットに戻りフォンデュの昼食をとりました。その後街を散策し、お土産等の購入に時間をつぶした。夕食は今日もレストランでディナーを楽しみました
7/22 7日目 スイス 朝スネガ台地に行きレイ湖に移る逆さマッターホルンを楽しみ、ツェルマットとお別れした9:30発の氷河急行でブリークまで行き、そこからはベルナーアルペン鉄道でアルペンの下を通り抜けインターラーケンに向かいました。ここでユングフラウパスを購入、昼食後このパスを利用してベルナー・オーバーランドを楽しみました
まず、隣駅ヴィルダースヴィルからシーニゲ・プラッテ鉄道で山頂のシーニゲ・プラッテへユングフラウ、アイガー、メンヒの三山を眺望高山植物園で高山植物の可憐な花々を楽しんだ。その後、ベルナー・オーバーランド鉄道、ラウターブルンネン・ミューレン鉄道を乗り継ぎ今日の宿泊地ミューレンに行きましたホテルのテラスから三山を眺めながら夕食を楽しみました
7/23 8日目 スイス この日も2002年7月14日のリベンジでした。
シルトホルンに上り山上の展望レストランで朝食を食べながら360度のパノラマを楽しみました。天気も良く360度見渡せたのですが、この時期の朝はユングフラウ、アイガー、メンヒの三山の上に朝日が昇っており、そちらの方向の写真を撮影するのが難しいことでした。ラウターブルンネンに戻りヴェンゲルアルプ鉄道でクライネ・シャイデックに行き、そこからユングフラウ鉄道でトップ・オブ・ヨーロッパ ユングフラウ・ヨッホに昇った。さすがに頂上は天気が不安定で、思うような眺望にはならなかったが、麓の天気は良く、山自体を臨むには十分だった。山を下り、クライネ・シャイデックよりヴェンゲルン・アルプ・ヴァーン鉄道で今日の宿泊地グリンデルワルドに到着した。夕刻まで足を延ばし、ゴンドラリフトでフィルストに昇りアイガーと周囲の緑を楽しんだ
7/24 9日目 スイス

フランス
この日は2回目の大移動の日でした。
グリンデルワルドから鉄道を乗り継いでチューリッヒ空港に向かい、そこから12:35発のスイス航空LX638便でパリに向かいました。到着後、宿泊ホテル近くのシャルル・ド・ゴール広場、そこは凱旋門で有名な場所、まで空港バスで移動し、ホテルに荷物を預け街の散策に出かけた。市内の移動には地下鉄を利用したが、はじめ切符の利用の仕方に戸惑ってしまった。回数券を利用していたため、あまり枚数にこだわらなかったため、結局、最後まで正しかったのかはよくわからなかった。サクリ・クール聖堂、モンマルトル教会コンコルド広場シャンゼリゼ通り凱旋門を散策した。さらに夕食後、シャイヨー宮を訪れ、そこから見えるエッフェル塔の夜景を撮影した。凱旋門は工事中でライトアップされていなかったのが残念だった
7/25 10日目 フランス この日はヨーロッパでの最終日、朝からパリの観光地を訪れ雰囲気を味わいました。
朝は昨夜夜景を眺めたエッフェル塔を訪れました(New)最上階までエレベーター、階段を利用し上り、周囲の風景を一望しました(New)。移動の都合上、多くの荷物を持っていたら、入口のチェックが厳しくて閉口してしまいました。次にノートルダム大聖堂(New)サントシャペルを訪れ、ステンドグラスの素晴らしさに見入ってしまいました(New)。途中、地下鉄が工事で運休している箇所があり、代替バスを利用する等、貴重な経験もしました。昼食後、オルセー美術館で名画や彫刻を堪能(New)し、凱旋門に戻ってきました。最後に凱旋門に昇る予定でしたが、日曜日の夕方は入場制限をしているようで昇ることはできず、あきらめて、帰途につくことにしました(New)
7/26 11日目 パリからは全日空の直行便NH206で帰途につきました。今回は珍しく(?)、何事もなく成田に着き、無事に旅を終えることができました。
訪れた場所をクリックするとそのページにジャンプできます。

今回は以下の航空手段でヨーロッパの地を移動および往復しました。

往路 東京(成田)->フランクフルト 全日空NH209便(7/16 11:35->7/16 16:35)
フランクフルト->ストックホルム スカンジナビア航空SK638便(7/16 18:25->7/16 20:30)
移動 ストックホルム->コペンハーゲン スカンジナビア航空SK419便(7/17 16:20->7/17 17:30)
コペンハーゲン->ベルゲン スカンジナビア航空SK870便(7/18 18:10->7/18 19:30)
ベルゲン->コペンハーゲン スカンジナビア航空SK861便(7/20 6:10->7/20 7:30)
コペンハーゲン->チューリッヒ スカンジナビア航空SK601便(7/20 8:15->7/20 10:00)
チューリッヒ->パリ スイス航空LX638便(7/24 12:35->7/24 13:55)
復路 パリ->東京(成田) 全日空NH206便(7/25 20:00->7/26 14:30)
※時間は現地時間です。

先頭 前ページ 次ページ 最後 閉じる
1/90 ページ